仕事の重圧。

ウチは小さな小さな不動産・建設会社。
私はそこの事務一切と取引主任者をしている。


何せ極小・零細企業なので人が少なく、
何から何までやらなければならない。
ここ数年は業績が伸びず、ギリギリの経営の中で
月末ともなれば、支払の心配、給料の心配もしなければならない。
給料が滞ることだってしばしば。



【こんな会社、辞めてやりたい!!!】 と思うものの、それは難しい。


なぜかというと、父の会社だから。


私は短大卒業後、別の職に就いていたのだけれど
父の意向で前の仕事を辞め、取引主任者の資格を取り、今に至る。


普通のOLなら、給料が出なければ文句も言えるだろうけど
相手が父親ではそうもいかず、
自分のことは後回しにして他を優先しなければならないし、
いつもいつも、経営の心配をしていなければならない。

それに、個人の資財も一緒に管理していたり、
その他の事情もあるため、ウチの事務は身内でないと成り立たず、
私は父が現役でいる限り辞めることは難しいのだ。


父はもう、自分と母が生活していくには十分な年金をもらっているし、
蓄えも多少ではあるがある。
今、会社を閉めても負債はないし、逆に会社の土地建物を処分してしまえば
父の手元には営業を続けるより大きな金額が残るだろう。
本当は、無理に続けていかなくてもいいのだけれど、
問題は私の兄なのだ…。


兄は、もともと父の会社を継ぐつもりで
大学卒業後、修行の意味もあり、大手住宅メーカーに就職した。
数年後にウチの会社に入ったのだけれど、これが全く仕事のできない人なのだ。


父も当初は、自分が苦労して立ち上げた会社を、息子が継いでくれるということを喜んでいた。
でも、入ってからすでに10年以上になるのだけど、
その間、兄はまともな仕事を取ってきたことがないのだ。
【社長の息子】という変なプライドから、他の人達との関係もうまくいかない。


これでは、会社も兄一家もやっていけないと、一旦はウチを辞め、
他社を転々としたのだけれどどこも続かず、また戻ってきてしまった。


父は、兄が一度辞めたとき、会社を閉める覚悟をした。
私も、これでやっと肩の荷が下りて、もっと気楽な仕事に就けると思ったのだけれど、
舞い戻ってきた兄のおかげで、そうもいかなくなったのである。


戻ってきてからも兄は相変わらずだ。
父は、そんな兄に厳しくあたるものの、最終的に突き放すことはできない。


父ももういい歳だし、体力的な衰えも見えてきた。
父の周りは、引退して孫とのんびりしている人が多い。
それでも、兄が自分の家族を養っていけるようになるまで
仕事を辞めるわけにはいかないのだ。


父は厳しい面もあるけれど、私にはかなり甘い人だった。
会社を立ち上げたばかりの頃は、かなり借金も作ったらしいが
私たちにはその苦労を見せなかった。
私は、欲しいものはほとんど買い与えられて
不自由を感じることなく育ってきた。



私は、そんな父のためにここにいる。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月03日 21:56
なんて素敵な人なんだ。家族のために仕事頑張るなんて。親孝行だね。問題はお兄さんかあ。会社閉めたら、お兄さんはなかなか仕事見つからないだろうしね。あまり無理はしないでね。自分の幸せのためにも。あなたの人柄はとても素敵ですよ。
ぅめ。
2008年06月04日 13:22
そんな立派なものじゃないんですょ(・Θ・;)本当はどこで働いたって【気楽な仕事】なんてないけれど、お金の心配やら、ともすれば自分の判断ひとつで他人様に迷惑を掛けかねない今の立場から逃げ出したいんです。
兄も、選り好みをしなければ働き口は見つかるのかもしれません。でも、今からだと上司が年下の人の場合が多いと思うんです。兄はそういう立場ではやっていけない人なんですよね。今は父が現役なので支えて行けますが、それもそう長くはないと思うんです。いったいその先どうするのか…
【素敵】なんて言われてなんだかくすぐったいですが、気持ちがちょっと上向きになりました(o´ω`o)アリガトウゴザイマス♪
2008年06月06日 16:56
はじめまして。
私は、一社員なのですが、会社の状況が
あまりにも似ていて、思わずコメントを。
もう19年勤めているので、辞めるに辞めれず
社長のことは嫌いじゃないけど、能力ないし
もうどうしたものかと日々思ってます。
支払いのたびにビクビクとかも似てて・・・。
明日は彼さんとデートなのですね。
楽しんで来てくださいね☆
ぅめ。
2008年06月09日 10:50
kiyoさんへ。
コメントどうも有難うございますヽ(・∀・)ノ
19年ですか。辞めるに辞めれずということは、kiyoさんでないとできない仕事がたくさんあって、社長さんもkiyoさんを頼ってしまってるんでしょうね。きっとkiyoさんは責任感のある方で、自分の都合で会社も社長さんも見限れない人なのかなーと想像します。
安定した大きな会社に入ってれば入ってたで、私なんか年齢的にはお局世代。結婚もせず、煙たがられているのかもしれないし、女が独身で生きていくことの難しさを感じますょ。
お互い、なんとか頑張っていくしかないですょね。

この記事へのトラックバック