私も食わなぃ。

“夫婦喧嘩は犬も食わなぃ” と昔から申しますが。



ここ数日、いい年して両親が冷戦中なのです。
というか、父がひとりで怒ってるんだけど、その怒りが尋常ではありません。


発端はほんとに小さい小さいことなのですょ。
誰が聞いても 『そんなことで怒る』 って言ぅような。


というか、怒ることではまったくありません。毎日普通にやってる生活の中のことだし。
よほど虫の居所でも悪かったんだろうけど、父は近所中に響き渡るような声で怒鳴りちらしたらしいです。



その日の夕方、怒りが治まらない父は、何も言わず出かけてしまい。
夕食時間にも戻らないので、甥っ子たちもいるし先に夕食を食べちゃってたんですょ。



で、今度は自分を待たなかったってことでさらに怒り。



いまどき珍しいでしょぅ?
自分が“家長”って意識が異常に強く、“俺が食わしてやってるんだ”って考え方の人なので、
自分がないがしろにされたと思うことがあると怒りが止まらなくなるんですょ。



その日以来今日で5日になりますが、父は家で一切の食事をとらなくなり、
誰も起きていない早朝に家を出て、夜9時頃にお風呂と寝るためだけに帰ってくるといぅ行動をしております。



母は母で、自分は悪いと思ってないので謝る気がなく…。
でも、納得できなくても母から折れなければ、父はこういうとき絶対に自分の非を認めないので。



下手をすると暴力を振るう人ですし。


案の定、会社に顔を出した父は謝ってこない母にイライラを募らせてたようで、
『あいつは体で覚えさせなきゃわからない。 謝ったって容赦しない。 顔が腫れ上がるほど殴ってやらないと身にしみない。』 と。




最低、です。 



男として最低。




やり返せない女を殴って、それで自分の鬱憤を晴らすんですょ。




今までも喧嘩がひどくなるとそぅでした。
頻繁ではないけれど、母に対しては殴る、蹴るをしてきた人です。



もちろん、母が悪いときもあります。
でも、それと暴力はまったく別。
殴られて、身にしみて自分が悪かったなんて反省する人なんかいないと思ぅ。
恨みに思うだけです。



父は、思わず手が出てしまった、という殴り方ではなく、とことん自分の気が済むまでやるので。
お酒は飲めないけど、まるで酒乱なのです。



私は父に、とっても冷ややかに 『お父さんて最低。』 と言い放ってやりました。
どっちが悪いかは議論しても父は聞く耳もたないので、男が女を殴って気を晴らすって行為に対しての言葉。



こんな娘ですが、父は私に対しては怒れないという一面があり、私から『最低』と言われたことで
少なからずショックは受けていたようで…。





“殴るほうも心が痛い”なんてきれいごと。
殴られる痛みを知らない人の意見だと思います。




母には、『長引くほどイライラが溜まるし、殴られるだけ損。 理不尽と思っても折れなきゃどぅにもならないょ。』 と。




今朝、母から折れ、父も不満は感じてる様子だったけれど一応納得したらしいです。
でも、あの父のことなのでまだ安心はできないけれど。





父のこぅいう一面、ものすごく嫌いです。嫌悪と言ってもいいくらい。
子供の頃から父が母を殴る姿をみせられてるので、そのせいか、男の人が怒る姿がすごく苦手というか怖くなるんですょね。




彼には私のそぅいう部分も話してて、『殴ったら別れるから。』 って本気で言ってあります。





そのわりに “自分はすぐ怒るょな” ってのが彼の私に対する意見みたいですけどね。 ♪~( ̄ε ̄;)













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年05月28日 18:39
お父様、ひどいですね。(←失礼) ゴメンなさいね。でも言わせて…。暴君ですよね。お母様は良く耐えておられますよね。お兄様にも同じように注意されたりするのですか?ぅめ。さんには、被害はないんですよね?
私の父は酒乱だったので、暴力も頻繁。包丁を持ち出す事も…。私は小学生で父を亡くしているので、あまり覚えていませんが、それでも夜中に父が寝静まるまで母と車で行くあてもなく彷徨ったり…。納屋に隠れて夜を明かしたり…近くの家に逃げ込んだり、時には近所の方の通報で警察沙汰になったり。ヒドイ状態だったので、暴力を振るう男の人は最低だと思っています。
私も手を上げる男の人とは付き合えません。どんな理由があっても。
夫婦喧嘩は周囲には分からないといいますが、やはり暴力は選んではイケナイ手段だと思います。

彼さんが、そういう人でなくて良かったですね。来週デートなんですね。いつも同じ頃にデートですね。^^ お互い幸せな報告をしなければ…ですね
2009年05月28日 20:05
暴力はダメですね。確かにカッとなってって事はあるかもしれないけど、暴力で押さえつけようって行為は許せない。しかもどう足掻いても力では勝てない女性に対してなんて。
子供の頃から側で見てきたぅめ。さんも辛かったですね。子供にとって両親の口ケンカや不仲でさえとても嫌なものなのに、お母さんに暴力を振るっている場面は怖かったでしょうね。
彼さんはぅめ。さんの気持ちをちゃんと分ってくれているんですね。そういうことも話し合えるっていいと思います。女の子が怒るのは特権みたいなものだから、良いんですよね~'m^
2009年05月28日 21:59
暴力は絶対ダメ。おいら女性には絶対手をあげません。女性に殴られたことはありますが……。
殴るほうも心が痛いなんてきれいごとだよね。殴られる痛みを知らない人の意見だ、まさしく。
2009年05月28日 22:45
これは娘としてかなり辛いですね。
ほんと酒乱で暴力振るうってのはたまに聞くけど、ここまでくると
DV?と変わらないんじゃないかなぁ。
もうお父様の年代なら、普通は一線を知り沿いて夫婦でのんびりしてる
人が多いはずだから、違う意味でストレスもあるのかも。
うちは、暴力はなかったけど、両親が離婚してるので、いいイメージ
ないけど、うちの彼家は、両親が喧嘩してるの見たことないって
言うんですよ。
いまだに仲良しだもん。
だから、絶対に女性には手をあげないし、柔道の有段者でもあるので
素人は怪我するし。
お兄さんがしっかりしてればね。。。普通は止めるでしょ、息子だし。
でも、こちらで拝見してる限りそれは無理だから、やっぱり娘である
ぅめ。さんが助太刀するしかないですよねぇ。
親のことって自分のこと以上に辛いですよね。
ぅめ。さんの胃痛が再発しなければいいのですが。。。。大丈夫?
ぅめ。
2009年05月29日 13:56
《R》さん。
全く失礼なんかではないですょ。私も暴君だと思ってますから。
でも、《R》さんもお父様のことではご苦労があったみたいですね…。親は選べないからどんな親でも辛抱するしかないのかもしれないけど。
ウチの父は気に入らないことがあると暴力ってパターンだったので、きっかけがつかめずいきなり始まることが多くて。
夫婦なら長い年月の間に当然喧嘩もあるだろうけど、暴力は論外。それもウチの場合「叩きのめす」って具合なので。それって結局何の解決にもならないですょね。押さえつけてるだけ。母に生活能力があれば離婚してたと思います。あと時代もあるかなぁ。嫌=離婚って簡単にできる世代でもなかったのかもね。

父も結婚前は暴力ふるわなかったらしいので、案外彼も結婚したらかわったりして~。でも穏やかな家庭で育ってるので大丈夫かな。かえって私のほうがアブナイ(苦笑)。
ぅめ。
2009年05月29日 14:04
アイさん。
力(腕力・立場)が対等の人が相手ならまだいいですけど、相手は女ですからね。やり返そうと思ったらそれこそ刃物でも持ち出さない限り無理ですょ。
自分より弱いものを殴って気を晴らすって神経は、何があっても許せない。今回はたまたま暴力にまで行かなかっただけで、今まではずっとそぅでしたから。きっともって生まれた性分だから治らないんだろうなぁ。
子ども心にそういう場面はかなり残ります。普段は父に文句を言ってても、父が怒り出すと心臓がギュっと縮む感じがするんです。でも、私が母をかばわなければ他に誰もいないので…。

女の子が怒るのは特権かぁヽ(・∀・)ノ  これからもその特権ふりかざしちゃおw
ぅめ。
2009年05月29日 14:10
けいさん。
女性に殴られたことあるんですか?浮気でも発覚しちゃいました?w
でもけいさんみたいな男の人は結婚したらきっといい旦那さまになりそぅ。女性は力では勝てないので守ってあげてくださいね。精神的には守られちゃうのもありだと思いますょ( ´艸`)ムププ
ぅめ。
2009年05月29日 14:22
kiyoさん。
まさしくDV。これでも年をとったから回数は減ったんですょ。
私は自分が親の暴力をみてきたので、もし自分に子供ができたとしても子どもの前だけでは喧嘩したくないと思ってます。小さい頃って親は絶対的な存在だから影響はものすごく大きいって身にしみてるし。
私は父には手を上げられたことはないけど、暴力を振るう父を見てきた兄には、兄が結婚するまで殴られてました。父が母にするのと同じようにね。ずっと私にとっては兄も暴君でした。さすがに今はなくなったんですけどね。
ご推察のとおり、兄は父が母を殴るのを止められません。父には怖くて反抗できないんですょ。何から何まで情けないです。

kiyoさん、ご心配ありがとぅ。なんだか泣けてきちゃいます。

この記事へのトラックバック