チュウ。

鎌倉バスツアー前日のこと。




仕事を終えて家に帰ると、ウチの子の前足の様子がおかしぃんですょ。
すでに下半身はかなり弱ってて、前足がしっかりしてるから歩けてるよぅな状態なのに、
前足まで悪くなったらと思ぅといてもたってもいられず、すぐにかかりつけの動物へ行きました。




病院へ行くときに入れられるバスケットを見て表情が硬くなる我が子を、母とふたりがかりでバスケットの中に入れ、
車の中で延々と叫び続けるのをなだめながら到着。




ヒビ 骨折 はたまた後ろ足と同じよぅな病気 とドキドキしておりましたが、
診察の結果は、『くじいたか捻ったかしたんだな。』 といぅ何てことのないものでした。



とりあえず炎症を抑える薬と、もしも他のネコと喧嘩してどこかに傷を負ってることも考ぇ抗生物質を注射され、
飲み薬をもらって帰ってきましたょ。





毎度のことですが、診察室にいる我が子には母性本能をくすぐられてしまいます。
恐ろしぃ人間(笑)に押さえられ、恐怖のあまり抵抗することもできず、必死で私に助けを求めるんですょ。
先生の手がちょっと離れると、大嫌いなバスケットに自ら入ろうとするし。( ´∀`)ヵヵヵ





でも、おかげさまで翌日の朝にはいつもの調子で歩いており、
これくらいだったら慌てて行く必要もなかったかなぁ、と思いましたけど
何はともあれカワイイ我が子のためですので。



画像









我が子繋がりでもぅひとつ。




ウチの子の食事は朝晩の2回、だいたい母が与ぇることが多いのだけど、
よっぽどお腹が空いていない限り完食はしないんですょ。
でも、ここ数日、夜にあげたゴハンの減りが顕著で(一気に食べず、夜中に起きて食べる習性があります)、
『17歳の食欲とは思えないけど、よく食べることはいいことだょ』 なんて話してたんですょ。




でも、たまたま私がゴハンをあげよぅとしたとき、水とゴハンを乗せているトレーの上に黒いつぶつぶを発見。





こ、こ、これは!!!





まさか…、ネズミのフンじゃないのーーーーーー





ここ数日のゴハンの減り具合はウチの子の食欲が増進したわけではなく、ネズ公に持って行かれてたのかも。





カワイイ我が子の食事を、ネズ公なんぞにくれてやる義理はございません。
それに家の中にネズミがいるのなんか嫌ですしね。




というわけで、『ネズ公捕獲大作戦』の決行でございます。





いつもゴハンを食べている場所(台所)にネズミ獲り(誘引エサつき粘着シート)を仕掛け、
でも、夜中にゴハンを食べにきたウチの子が引っかかると困るので、ゴハンは台所のドアの外に置き、
台所を密室状態にして準備完了。
あとは朝を待つだけです。






翌日。




バスツアーに出かけるため一番に起きた私が目にしたものは、粘着シートにくっついてチュウチュウもがいている
3匹のネズミ
(さすがに写メは撮りませんでした






その後、毎日ネズミ獲りシートを仕掛け、昨日までに計6匹の捕獲に成功。
最初は子ネズミだけだったのだけど、親ネズミとおぼしき2匹も捕獲したので、
毎晩一家揃ってウチの子のゴハンを食べにやってきていたってことですょ。




今朝は引っかかってなかったので、これで一掃できたと思いたいのだけど、
しつこいネズ公なのでまだ他にも仲間がいるかもしれませんからね。
捕獲作戦はしばらく続けよぅと思います。







*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~








今日から3日間、彼はお母上の検査入院のために休みをとっております。
(以前カテーテルを入れ、その後の経過観察と検査なのでそれほど心配はないと思われます。)




でもー。
確かに病院の送り迎えとか、処置のときの付き添いとか必要なのでしょうけど、
3日まるまる休むほどかなぁって思ってしまうのは、自分の親じゃないからかしら?




『もし、私が入院ってなったときも休むのか?』 と聞いたら
『あたり前やんか』 とは申しておりましたけど、マザコン感は否めないぞ。















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2009年12月07日 18:50
ネコちゃん無事で良かったですね。年齢も年齢だから何かと心配ですよね。私も家のワンコがちょっとでも変だと病院へ連れて行ってましたから、その気持ちよく分かりますよ。「連れて行くほどじゃなかったかも」って思いがちだけど、何かあってからじゃ遅いし、そうなったら後悔してもしきれないよね。
ネズミですか?しかも6匹もぉぉ∑(゚ω゚ノ)ノ家にも夏頃ネズミが出没して、捕獲作戦を決行しましたが2匹でしたよー!!その後ネズミの気配はないのですが、いつ何処からやってくるかわからないので今も気が気じゃありません^^;
私の彼もマザコン感が否めません。母親を大事にするのは悪い事じゃないんだろうけど、度が過ぎるとちょっとなぁと考えちゃうよね。私は半分諦めの境地です。
komomo
2009年12月07日 20:12
タイトル見た時は何か甘い話かな?って思いましたけど、ネズミだったんですね。それにしても図々しいですよね、ネズミとゴキブリって。大事なご子息のご飯を食べるなんてもってのほかですよね。ネズミはさすがに実家でも見たことなかったけど、ちょっと罠にかかってたネズミを想像するとゾワゾワしちゃいますね。そのネズミはどうやって処分したんですか?ちょっと聞くのも怖いかも。
ご子息の前足、大したことじゃなくてよかったですよね。老齢なので必要以上に心配になっちゃいますもんね。
まぁ、お母様なので大目に見ましょうよ(笑)母親を大事にする人は恋人やお嫁さんも大事にしてくれると思いますよ。でもさすがに検査入院だけで3日間休むとはなかなかやるなって思ってしまいますけどね。
2009年12月07日 23:01
ネコちゃん、高齢だから心配ですよね。ウチは病気で亡くなったので、亡くなる前はずっと病院通いでした、出来る限りの事はしてあげたいって思ってたし。
まして、ぅめ。さんのところのご子息は17歳の身体にムチをうつ訳ですしね。心配ですよ。

え~ねずみですかぁ。本当ネズミ算式に増えるっていうし、他にもいるかもですよ。暫くはワナが必要かも。知恵がつくので場所を変えたほうがいいとかって聞きますよ。とにかくねずみも害虫ですからね。

彼さん、お母様の為に3日も休むなんて…。すごい。ウチの兄達では考えられない親孝行っぷりですね。そこまで大切にされてるお母様とお姉様の存在は強敵ですね。ぅめ。さんが大事にしてもらう位置がどこになるのか。優先順位で①ぅめ。さん、②お母様、③お姉様かなぁ。でもお母様がいないと彼さんは居ない訳で…大切な人のお母様って事で、ぅめ。さんも大切に思って、ココは寛大に見守りましょ。自分のご両親だけじゃなく、パートナーのご両親にも思い遣りが持てる人なら言い訳ですからね。^^ 誰かだけに偏った愛情は揉め事の原因になりますから、万遍なく広い愛情を注いでもらいましょう。
2009年12月08日 09:31
愛息くん、軽傷でよかったですね。
17歳という年齢を考えるとちょっとのことで心配になるのわかります。

うちの実家も昔はよくねずみが天井裏で運動会してました。
私が中学生の頃、建て増しして部屋を2部屋増やしてからは
あんまり見かけなくなったけど、それでももう実家を離れ20年。
今でも運動会してそうな気がします。

うちの彼もお母さんのために会社辞めた人だから、彼さんのこと
いえないけど、母親って息子にとっては大事な存在なんですよね。
最後は24時間介護したし、もっと介護したかったと今でも言ってます。
まぁ、それは余命が宣告されてたからってのもあるけどねぇ。
親を大切にする人は優しい人が多いから、そういう意味では安心かも。
マザコンと親孝行はまた別物ですしね。
ぅめ。
2009年12月08日 15:03
アイさん。
そぅ!「何かあってからじゃ遅い」んですょねー。結果としては行かなくても良かったけど、行っておくに越したことはないってことですょ。
若い頃よりも年をとった今のほうがかわいさ倍増ですし(←オヤバカw
ネズミは気配がなくてもいるかもしれませんょ。我が家も天井で音がするとか何かが齧られるとか、全くなかったのに6匹もいましたからね。薬品で全体を駆除しない限り、やつらはいつのまにかやってくるんです。

アイさんは諦めちゃってるんですか?
マザコン気質の人は恋人にも母親的要素を求めますょ~。私は今のうちにヤツの軌道修正して、私は母親役はやらない(できないw)ってことをわからせておかないと。♪~( ̄ε ̄;)
ぅめ。
2009年12月08日 15:14
komomoさん。
基本、私のブログでの甘い話はスウィーツのみです。♪~( ̄ε ̄;)
ネズミのその後の運命が知りたいですか? 私も記事に書こうか考えたんですけど、ちょっと気が引けてしまって書かなかったんです。でも、komomoさんがどぅしてもと仰るなら…。(´_ゝ`)クッククク…
ウチのほぅは田舎なので敷地内に焼却炉があるんですょ。そこに放り込んで燃やしてみました。火葬…というより火あぶり?(まだ生きてたので)
好きなものに対しては海のように広い心が持てるのだけど(ぇ?)嫌いなものに対してはかなりの残酷さを発揮します。
私、ディズニーランドに行く資格はないかも。Σ(ノ∀`*)ペチッ

なかなかやるでしょぅ? 男なんて入院のときにいてもたいして役に立たないと思うんだけどなぁ。
まぁ、大事にすることは悪いことじゃないから文句は言わないでおきますけどね。
ぅめ。
2009年12月08日 15:37
《R》さん。
もぅ何が起きてもおかしくない年齢だし、これまで癒されてきた分、私も飼い主としてできることはしてあげないとって思います。
ま、そんなことを抜きにしてもめちゃくちゃカワイイんですけど~(オヤバカ×②

他のところにも仕掛けたんですけど、そこには掛からないんですょ。ウチの子のゴハンがよっぽど美味しかったってことかしら~w
ここ2日間はかからないので、6匹で打ち止めだと嬉しいんですけどね。

優先順位、今のところ私は③かもしれない…(゚∀。)アヒャ
彼の場合は家族全員に対して、「よくここまでやるなぁ」って思うことしばしばなんですょ。たまの休みは寝てればいいのに、お父上を職場まで送り迎えしたり、お姉さんのクリーニングを京都大丸まで出しにいったりってことが頻繁。家族思いなのは事実なんですょね。
そこに私が割り込むとなると、今まで彼が家族のためにやってきたことのうち、何%かはできなくなる。そのときの私への風当たりとか、今から結構気になっちゃいますなぁ。
ぅめ。
2009年12月08日 15:57
kiyoさん。
ほっとしました。
人間で言うと84歳くらいなのでなるべく気をつけてあげないとね。ウチの子がいなくなることを想像するだけで泣けてくるし…・゚・(ノД`;)・゚・

建て増しでビックリして逃げ出したんでしょうねー。
そもそも、我が家には猫がいるのにネズミが出るってどぅいうこと?って思うんですが(苦笑) そぅ言えば若かりし頃は外で捕まえたネズミを我が家に持ち帰ってくれてたっけ。そぅいう意味では役に立たない子です。Σ(ノ∀`*)ペチッ

マザコンと親孝行はまた別物 ←身近に彼さんを見てきたkiyoさんの言葉だと説得力あります。
確かに、優しい気持ち、思いやりの気持ちがないとできないことですょね。ウチの義姉なんか、この前の日曜も父親のお見舞いにすら行きませんでしたょ(幸い半身不随で済みそうなのですが)。
そぅいう子どもに親が育てたのでしょうが。
それを考えると、年を取って子どもに看てもらえるってことはホントに幸せなことなんですょね。
白雪姫
2009年12月08日 19:16
猫ちゃん、無事に元気になられてよかったです~ 

人間と同じくらい歳をとっていくので生きてくれる間は少しでもそばにいてあげて下さい 

ぅめ。
2009年12月09日 14:40
白雪姫さん。
ご訪問&コメントありがとうございます!
今のところ元気に過ごしてくれていますので、まだまだこの先も…と思いたいですが、やっぱりいつか別れるときは来るわけで。
でも、最後までしっかり面倒みます。

この記事へのトラックバック