現実を教ぇる。

画像





↑これは、京都の哲学の道沿ぃにあった猫グッズショップで買ってきたポストカードの1枚です。




現在、自分の容姿がとっても気になる思春期まっさかりの甥っ子(中2)が、私の部屋に飾ってあるこのカードを見て、
『でもさぁ、やっぱ顔が良くなきゃ結婚できないょなー』 とつぶやいておりましたので、
『(* ̄ー ̄)"b" チッチッチ 貴様はまだまだ青ぃな。顔なんか二の次、結婚は お金がなきゃできないんだょ。』 と、
現実の厳しさを教ぇておきました。




付き合ぅだけなら顔が良けりゃそれだけでオッケーでしょぅけど、結婚となれば話が別。
顔がいいだけではお腹はふくれませんもの。  ゴハンマダ~? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン



もちろん心も大事ですけど、どんなに優しい人でも、お金を稼いでくれないと結局は不満が溜まると思ぅのです。
『アナタのために私が頑張って稼ぐから、アナタはヒモでゴロゴロしてても大丈夫ょ。』 なんて言える女性は若干病んでると思ってしまぅ私。



と、考えてみると、『気は優しくてお金持ち』ってのが私の理想なわけですね。 【❁ˇ▿ˇ】




甥っ子(中2)は叔母の贔屓目で見てもまぁまぁ顔はいいんですけど、いかんせんモヤシっ子気質。
顔だけ見ればモテると思ぅので、その虚弱な精神をそこそこ鍛ぇ、将来は公務員の道を歩めょと教えております。






話は変わって。





先日、義姉の父親が入院先の病院で亡くなりました。
ウチの父より5歳くらいは若いので、64~65歳だと思います。




朝、亡くなったといぅ連絡がきたので、結局肉親は死に目に間に合わなかったようです。




私は数えるほどしか顔を合わせたことがない人ですけど、晩年は新興宗教に入信したり、
アルツハイマーを患ったり、倒れて半身不随になってからは退院することなく3ヶ所の病院を転々として、
気の毒な最後だった気がします。



でも、三人の娘の中で長女だけは世話をしていたよぅなのでそれが救いでしょぅか。
3女などは、倒れて入院したときに病院に行っただけで、その後亡くなるまで一度も見舞わなかったそぅですょ。
義姉は月に1度くらいは行ってたのかなぁ。
たまに、病院に行ってきますって出かけることがあったので。
でも、長女に 『順番に病院で看病』 って話をもちかけられたときには断ったって話ですけどね。




ウチの母は実質的に実の親・義理の親4人全てを看取ったといっても過言じゃないので、
実父⇒ガンの手術をして亡くなるまで毎日病院に通ぃ、洗濯などは全てやりました。
実母⇒同居の長男夫婦に食事を作ってもらえなかったため、自宅で突然亡くなるまで週3日は食材を届け、身の回りの世話をしてました。
義父⇒義母が病院に付き添いたがったので、義母の送り迎えで往復1時間の道のりを毎日2往復。
義母⇒寝たきりになりましたが、最後まで自宅介護しました。

義姉とその妹の情の薄さはちょっと信じがたぃ気持ちです。




同じよぅに育てられても、姉妹でこれだけの差があるんですょね。
親の育て方云々より、もともとの気質の問題も大きいのかしら?と思ってしまいました。





なんて偉そぅに能書きたれてるけど、いざ自分がその立場になったらできるのかぃ、私。








(-∧-)合掌・・・










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

2010年05月07日 16:22
女なら経済力なくてもいい男捕まえればなんとかなるけど
男性ではやはり経済力は必要ですよね。
顔がいいに越したことはないけど。(笑)
そうですよ、なんてたって公務員には勝てません。
彼の兄も元国家公務員だし、彼は銀行員だし、なんか
もったいないことしてるよなって思いますよ。。。。

お義姉さんのお父さんが亡くなられたんですね。
3姉妹ともそんな遠くに住んでるわけではないですよね?
実のお父さんなのに・・・・。
今、友達が義母の介護で苦労してるんですけど、旦那さんは
暢気にGWツーリングに行ったんですよね。
どっちの親だよってほんと思いました。
うちの彼たちは3人とも介護できるだけしましたよ。
半年足らずだったけど、私に同じことが出来るか?は
分からないですけど、彼のお母さんが義両親やはり最期まで
面倒みたそうなので(実の娘より嫁を頼ってたそうで。)
それを見てた彼ら姉弟だから出来たのかもなぁと感じます。
2010年05月07日 22:57
確かに、生活って現実を考えるとお金がなくても格好がよければOKなんて言えないですよね。大好きな人を支える喜びもあるのかも知れませんが…。格好良くて、経済力があって、頭の良い、優しい、浮気しない人…いないかなぁ(笑)

お義姉様・・・実の親なのに冷たい。母親は私が見たいと思っています。
母は寝込まずポックリが目標らしいけど。
ぅめ。
2010年05月08日 17:33
kiyoさん。
なんだかんだ言われてても、私もやっぱり公務員が一番だと思うんですょ。他に特別な才能でもあれば別ですけどね。
お金持ちじゃなくても、普通の生活ができる経済力は結婚には必須ですからね。私は支える根性も生活力も無いので~。♪~( ̄ε ̄;)

みんな県内ですょ。亡くなったお父さんの会社で長女本人と三女の旦那は働いてるしね。ただ、長女だけはよく面倒見てたようです。
入院してるなら自宅介護のような大変さではないと思うんですけど(ウチは両方経験してるので)、お見舞いにも行かないなんて、自分の親でもそんな薄情なものなのかなぁ、と不思議です。彼さんのように自分のことを犠牲にしてまでって人もいるのにね。
明日がお通夜で明後日が告別式なんですけど、議員やってただけあって規模が大きいらしく、亡くなってからは葬儀の準備のために毎日実家に行ってますょ。生きてるうちにもっとお見舞いしてあげればいいのにね。
ぅめ。
2010年05月08日 17:40
《R》さん。
若ければそれでも何年かは頑張れると思うけど、今の私は絶対無理です。
私もその条件の人がいいです!!! 世の中に結構いるんでしょうけど、悔しいことにそれが目の前には現れないんですょー
┗┐┗┐ヽ(`益´゜)ノ゚・。!!

ウチの母も世話にならずにポックリ逝きたいって言ってます(笑)
ウチの両親は兄夫婦にはみてもらえないって考えてるので、私へのプレッシャーがあるんですょー。まぁ、自分の親なのでできるだけのことはしないといけないですけどね。
2010年05月08日 20:32
確かに顔じゃないけど、一生一緒に居るわけですから多少は好みじゃないと無理ですよ。私は経済力より器が大きい人(心が広い人)や優しい人が長く一緒に居るには必要かな~。毎日ちゃんと働いてくれる人だったら、収入が少なくても何とかなるけど、性格的なものはなかなかなおらないので、結構きついかな~。家庭は円満が一番だと思うんですよね~。うちの旦那みたいなのだとかなり厄介ですもん(笑)

自分の父親の介護も出来ないなんて・・・ほんと呆れちゃうかも。この分じゃぅめ。さんのご両親の面倒もみないつもりかも。お兄さんも頼りにならないし、ぅめ。さんがやっぱりみることになりそうですね。でも自分の親だったらそんなに苦痛じゃないですもんね!私も姉と相談して2人で見ることにしましたよ!!
2010年05月08日 21:14
確かに顔はいいに越した事はないですよね。ただ顔が良いだけじゃダメだけど(笑)やっぱり結婚となると多少の経済力はないと難しいかな。キレイごとじゃ生活できませんからね。
ぅめ。さんのお母様は素晴らしいですね。介護や面倒を見るって簡単な事じゃないから。それもご自分の両親だけじゃなく、義理のご両親までみたんですよね。誰にでも出来ることじゃないですね。

こんな風に言っても、私も思うんですよ。もし自分だったらと考えてみると、出来るかなぁって不安になります。自分の親ならまだしも、相手の両親となるとどうなのかなぁと。お互いの付き合い方や関係もあるんでしょうけど。
ぅめ。
2010年05月09日 22:45
komomoさん。
私、実際今の彼は全く好みの顔じゃないですょーw 一生一緒にはいられないかしら? ♪~( ̄ε ̄;)
確かに器の大きさは大事かも。イライラさせられることが多いと、毎日顔を突き合わせて生活してるうちにいつか爆発すしうだもんね。
結婚って楽しいことじゃなく、生活だから、色々無理を重ねないと続かないものなんだろうなぁ、としみじみ思う今日この頃w

私も自分の親だったら嫌でも面倒みちゃうと思うんですょねー。それが親子の情ってものじゃないかと。
義姉は亡くなった父親には三姉妹の中で一番可愛がられてたって話だったので、不思議なんですょ。
ぅめ。
2010年05月09日 22:52
アイさん。
甥っ子は思春期まっさかりなので、容姿が今一番気になるところですからねー(笑)
でも、男は顔じゃない!!って、顔じゃない彼氏のいる私は堂々と言える~。なんていうと彼に殴られそうですが♪~( ̄ε ̄;)

アイさんの仰るとおり、相手の両親ってなると、それまでの関係や付き合い方によって左右されちゃうってところはあるでしょうねー。(;`・д・`)ウンウン
進んで面倒見たいっていうお嫁さんは少ないと思いますもん。
私も出来るなら避けたいって気持ちが正直なところだし。
実際にその立場にならないと偉そうなことはいえなかも(汗)

この記事へのトラックバック