秋を感じる。

台風の影響で昨日は過ごしやすかったですね。
被害のあった地域の方々は過ごしやすいどころじゃなかったでしょぅが、私の住む地域では
お昼頃にはかなり雨が強くなりましたが、それ以上の被害はありませんでした。


私はエアコンをかけて寝ると冷えて腰痛が出るので、今年の猛暑の中でも寝るときだけはエアコンをかけず
窓全開&扇風機で凌いできましたが、ゆうべは今年の夏初めてタオルケットにくるまって寝ましたょ。




そして今朝出社して、ちいさぃ秋を感じました。




暑かったのでずっとトイレの暖房便座のスイッチを切ってあったんですけど、
今朝、トイレに座ったとき便座の冷たさにビックリ。



一瞬腰が浮いてしまいましたょー。





こんなところにも秋は忍び寄ってきておりました。  ♪~( ̄ε ̄;)







人´ェ`*´ェ`*´ェ`*´ェ`*´ェ`*´ェ`*´ェ`人






昨日、本を1冊読み終えたんですけど、その感動を忘れないうちに残しておきたいと思います。




【永遠の0(ゼロ)】 百田尚樹著

26歳にしてニートの健太郎は、祖母が亡くなったときに初めて祖父から自分は実の祖父ではないと告げられる。
実の祖父は健太郎の母が3歳のときに神風特攻隊員として亡くなったのだ。
特攻隊と聞いても、顔も見たことのない実の祖父に対して特に感じるものなどはなかったが、
父親の記憶のない母のために、祖父を知る人々を訪ね歩くことにした健太郎。



タイトルの“0”とは海軍航空隊の零式戦闘機(ゼロシキセントウキ)、つまり零戦のことで、
実の祖父・宮部久蔵は零戦パイロットだった。


宮部久蔵の印象は、思い出を語る人それぞれのバックグラウンドによっても大きく違ぅ。
当時はお国のため、天皇陛下のためと、戦って死ぬことが是とされていた時代の中で
『妻と子供のために生きて帰りたい』と強く願ぅ宮部は異質な存在で、
戦闘機乗りにあるまじき臆病者だったと言ぅ者、
宮部の類稀な零戦操縦技術によって命を救われたといぅ者、
部下の汚名を身体を張ってそそいだ宮部を尊敬する者、
宮部を嫌いだと言いながらも、宮部に対しての思いを心の内に秘める者、
人によって宮部の印象は様々だが、
共通することは、熟練の戦闘員であり、家族のため生きて戻ることに執着していたといぅこと。


その宮部がなぜ特攻隊員として死んだのか。
様々なエピソードが語られる中で、徐々に宮部の人間性が明らかにされ、
読み進むうちにどんどん宮部に感情移入してしまぅ。
特攻で死ぬということがわかっているのに、死なないで欲しぃと願ってしまぅ。



前線で戦ぅ兵たちに比べ、軍上層部の理不尽さが浮き彫りになり、戦争の惨さも伝わります。
兵を捨て駒程度にしか考えない日本軍と、兵を大事に扱ぅアメリカ軍。
その違ぃが、当時無敵の性能を誇った零戦よりも強靭な戦闘機をアメリカ軍は開発する。




特攻とは、自ら敵艦に体当たりし、生きて戻ることの出来なぃ攻撃。
零戦に乗って特攻に出撃する直前、宮部に生き残る僅かのチャンスが訪れるが、それを自ら手放す宮部。





そして宮部の思い出を語る最後の人物とのかかわり…。



自分と同じ26歳で亡くなった祖父のことを知るうちに、健太郎の意識も変わっていきます。




読み終わった後、もぅ一度最初から読みたくなりました。
涙なしでは読めなぃ本です。 ・゚・(ノД`;)・゚・





人´ェ`*´ェ`*´ェ`*´ェ`*´ェ`*´ェ`*´ェ`人





読んで感動した本は、映画化されたら絶対観たぃと思ぅのだけど、
私の中で映画が原作のイメージを超えたことってないよぅな気がするんですょねー。



でも、結構自分の頭の中で勝手にキャスティングしちゃいます。
宮部久蔵は大沢たかおにやってほしぃ。



つい先日、深津絵里がモントリオール映画祭で主演女優賞をとった映画【悪人】も原作を読んだので
とりあえず観に行きたいな~。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2010年09月09日 19:22
ぅめ。さんの文章力に今日もまた引き込まれた私です。下手な小説を読むより、面白いし興味をそそられるんですよ。

戦争ってどうしても教科書の中の話って思いがちですが、それ程遠い過去ではないんですよね。映画や小説、ドラマなどでその当時の事を知る機会がありますが、とても切なく心が痛くなります。自ら死に向かっていかなければならない状況なんて、きっと今の時代の私達には思い及ばないと思います。
先月、戦争で亡くなった人達が今の時代にやってくると言うドラマを見ました。未来の幸せの為に戦い亡くなっていった兵士達にとって、今のこの世の中が本当の意味で幸せと言えるのかなぁと思いました。
今日のぅめ。さんの本のあらすじを読んで、尚更考えさせられました。また一つ読んでみたい本が増えました。

小さい秋なんて言うから、どんなに可愛らしいものかと思ったら・・・・。便座の冷たさだったなんて(笑)でも、便座がむき出しの時って本当に冷たいんですよね~。
2010年09月09日 20:17
トイレで秋を感じる辺りとってもぅめ。さんらしいですね( ・´ー・`)プッ
でも一足早く読書の秋に突入していたとは・・・。
それにしても読む本のチョイスがかなりいい、どこから情報を仕入れてるんですか?この本もまた興味の沸く内容ですね。特に戦争物が大好物の私にはかなり魅力的な1冊ですよ。
なんで生き残る僅かなチャンスを手放したのか知りたい!!!教えてよ~ 一生のお願い!(人'д`o)
この特攻隊の戦法は今のテロにも使われていますよね。7.11のワールドトレードセンターもそうだし。本当に戦争中の日本人って・・・。ドイツと一緒ですよ。同盟組んでいただけのことはありますね。

確かに原作を超える映画って見たことないかも~。原作読んでから映画を見るといつも失望させられちゃうし。
そう、そう。ぅめ。さんが記事に【悪人】の感想を書いた翌日か翌々日あたりにテレビで深っちゃんと妻夫木が宣伝してましたよ。そしてモントリオール入りして最優秀女優賞ですもんね。最初は監督・妻夫木・深っちゃんという立ち位置が、賞を取ってから監督・深っちゃん・妻夫木に変わってましたよ(笑)
私もDVDでチェックしますよ~!!!
2010年09月09日 21:56
秋の気配感じますよね~。田んぼの稲穂も膨らんでますし。^^
読書かぁ。ぅめ。さんの文才で読んだ気になるってダメですか?充分なほどの描写に内容が想像できました。映画化されたらDVDで見たいと思います。
私ってば…本当に最近活字離れをしております(汗)いや~昔から苦手かも~(^^;)最近は韓国語の本かマンガか料理の本だけ~(笑)
2010年09月09日 22:35
永遠の0(ゼロ)はおいらも読んでみたいと思った本で、今図書館で予約してあります。映画はBECK見たいなあ。マンガで面白かったから。
ぅめ。
2010年09月10日 14:31
アイさん。
褒められるとその気になりますょ~♪小説家デビューでもしちゃおうかしら(✿ŏ▽ŏ)(←バカw

私も身近に軍隊に行った人や兵隊さんとして戦った人がいないので、戦争ってどこか遠いところの話ってイメージなんですけど、小説や映画ででも、知ることって大事なんだなぁと思います。
本に出てくるんだけど、「九死一生」って言葉がありますけど、特攻は「十死零生」必ず死ぬことになるわけです。その覚悟をつける特攻隊員たちの心境は苦しくなるものがありました。。+゚(゚´Д`゚)゚+。

暑いときはその冷たさが心地よかったのに、こんなところにも気温の変化があらわれるのね~って思ぅ私の感受性がいいでしょ?(✿ŏ▽ŏ)(←バカ×②
ぅめ。
2010年09月10日 14:43
komomoさん。
好きな作家さん以外は書店のポップを参考にすることが多いですょ。この本もポップで選びました。
仕方ないな~。ちょっとだけですょ。
宮部は零戦のことを熟知していたので、整備員も気付かないほどのエンジン音の変化に気付いて、自分に与えられた零戦では敵艦までたどり着けず、不時着か基地に引き返すことになるとわかったんですょ。でも、その零戦を、空戦で自分を助けてくれたことのある下級兵士に譲っちゃうんです。その兵士がまたキーマンなんですけどね~。そこまでは言えませんょ~(。≖ิ‿≖ิ)ニター♡

映画は原作と違う話になってることもあるから、映画は映画で先入観なく観たほうが楽しめるんですょね。
インタビューで妻夫木が「自分のことのように嬉しいです」とか言ってたけど、内心「俺が主役なのにー」って思いはあるだろうな~(●´・д)(д・`●)ウン ウン
ぅめ。
2010年09月10日 14:48
komomoさんに追記。
そうそう、この中にも特攻隊員はテロリストと同じっていぅ主張をする新聞記者が出てくるんだけど、元・兵隊さんたちは自分達が特攻に出るときの意識は全く違うものだって反論する場面があります(軍上層部は別として)。詳しくは是非一読を~。
ぅめ。
2010年09月10日 14:53
《R》さん。
稲穂といえば一昨日、元・暇人友達から毎年恒例の新米を貰ったんですょ。また何かお返しを考えなきゃいけないけど、モチモチしてて美味しかった~。

《R》さん、活字が苦手ですか? ブログの理路整然とした文章とか、思っていることを的確に表現するところとか、活字が苦手な人とは思えないですょー!!
ちなみに私は数字が大の苦手です。子供の頃から数学の成績は見事なものでしたょーw そんな私が経理責任者の我が社って…♪~( ̄ε ̄;)
ぅめ。
2010年09月10日 14:56
けいさん。
これから読む予定なんですねー。だったらあらすじを書いちゃって申し訳なかったかしら?(・ω・;A)
原作を知ってると観たくなるんですょね。がっかりすることが多いけどw
BECKは話題になってるし、楽しめるといいですね~♪

この記事へのトラックバック