自分で自分を褒めたい。

ディズニーランド1泊2日、母と甥っ子の子守ツアー行ってきましたょー。




出かける日の朝のことですが。
上の甥っ子(中1)が、『なんで●●(弟・小4)だけ行くんだ』 と、泣きはらして真っ赤になった顔でやってきまして(苦笑)。


中学に上がったばかりの子を平日休ませるわけにもいかないし、春休みに小学校最後の思い出作りとして、兄とふたりでディズニーシーに行ったんだし、お土産買ってくるからねってことで言い聞かせたけど、
まさか、泣くほど行きたかったとは思わなかった。


スレてないというか、中1男子にしては幼いというか…。
でもまぁ、叔母としてはかわいい存在ではありますが。




と、こんな調子でのスタートになったわけですが、渋滞もなく順調に9時半にはディズニーランド到着。
以前は、高速からシンデレラ城が見えてくると、『わぁ~』 って思ったものだけど、
今はディズニーランドホテルがド━━━━━ン!! とそびえ立っちゃってるので、私としてはなんとなく意趣をそがれる思いがしちゃうのですが…。
お高くて泊まれないホテルだし。




画像画像



















いや~。
でもまぁ、何度行っても飽きないのはなぜでしょぅねぇ。
ある意味“異空間”とでも言ぅのでしょうか。
ココでは、ミッキーの耳を頭に付けて歩いても、お姫様のフリフリドレスを着て歩いても、それほどアホに見えないw
さすがに私はやらないけどー、まぁね、似合っちゃうとは思うんだけどさ、フリフリドレス。(←バカw



それにしても、平日の月曜だというのになぜにこんなに人がおる。
新しく出来た【モンスターズインク】のアトラクション、到着早々一番に行ったのにすでに2時間待ちで、
おまけにファストパスの発券も終了しちゃってるしー
甥っ子はともかく、母に2時間待ちは耐えられそうもないので、新アトラクションはあきらめましたょー





画像画像
















これでも土日よりはマシだとは思うけど、人気のアトラクションは1時間程度の待ち時間はザラ。
それに、ジェットコースター系のアトラクションは甥っ子も母もNG
猿のヤツ、行く前は 『俺は乗れる( ̄^ ̄)』 といばってたくせに、いざスプラッシュマウンテンに行くと
この↑シーンを前にしてビビリまくり結局乗れず…。


乗ってきたものといったら。
バズ・ライトイヤーのアストロブラスター、ロジャーラビットのカートゥーンスピン、ピーターパン空の旅、キャッスルカルーセル(メリーゴーランド)、
蒸気船、ジャングルクルーズ、カリブの海賊、スタージェット(スペースシャトルがクルクル周るやつ)、グランドサーキット(ゴーカート)、
以上。


アストロブラスターのみFP使って待ち時間なしだったけど、その他はだいたい20分~45分待ち。
母は午前中ですでに疲労困憊状態だったので、乗らずに待っていたことも多々。



かたや母が座っていられる日陰を探し、かたや甥っ子の遊びたい気持ちを満足させなきゃいけないし、
暑い中、待ってる母が気の毒だからとアイスを買って渡せば、『お母さんストロベリー嫌い』 と言われ…。


私だって疲れてるのにーと言いたい場面は山ほどだったけど、
まぁ、これも親孝行だからと自分に言いきかせながら頑張りましたょ。





ディーズニーでのお昼はこちら。


画像




【クイーンオブハートのバンケットホール】で♡の形のハンバーグ。
でも、ハンバーグだけで¥1280かな。ライスも飲物も別なので割高だょねー。
母と甥っ子は違うものだけど、3人でのお昼代は軽く¥5000超えましたもん。
まぁ、スポンサーは母なのだけど。♪~( ̄ε ̄;)







出発前は夜のエレクトリカルパレードを見る!!!と張り切っていた母ですが、
そんな意気込みは午前中のうちにどこかへ消えうせ、3時の時点で座り込んで動かなくなりまして。



でも、甥っ子はあとひとつ乗りたいものがあると言ぅので、母を待たせてそれだけ乗りに行き、
夕方4時にはディズニーを出てしまいホテルへ向かうことに。



パームファウンテン&テラスホテルってところだったんだけど、オフィシャルホテルと違い、パートナーホテルってなると
ディズニーからはだいぶ離れてるのね。 まわりに何もないし。



母は『大浴場がない』、甥っ子は『ゲームコーナーがない』 とブツブツ言っておりましたが、
まぁ、ゴルフの賞品で泊まれるホテルだから、そんな贅沢は言えませんゎ。
部屋はそこそこ広いしキレイだし、これはこれでいいんじゃないの? って感じでした。









翌日は、動物園か水族館かどっちに行くかと考えたんだけど、甥っ子の要望で葛西臨海水族園に決定。
私としては市原動物公園に行ってレッサーパンダが見たかったんだけどー。




画像画像

















でもまぁ、行きたがってただけあって甥っ子はかなり喜んでましたょ。
ナマコやらヒトデなんかに触れるコーナーがあって、甥っ子は躊躇もせずにナマコに触っておりました。
さすが野生児(苦笑)。








で、水族館の後。



母がやっぱり、どうしても海ほたるに行きたいと言ぅ。
ディズニーランドに行くことになってから、行きたいとはずっと言ってたんだけどさー。
ウチの母って地理的な事がまったくわかってなくて、千葉に行くなら簡単に海ほたるに行けると思ってるのですょ。
浦安あたりからじゃ木更津まで行くのにもかなり時間がかかるし、ましてや葛西からだと川崎から渡るでしょ?
それで木更津まで渡ることになると、帰りが大変なんだょって説明しても理解できないのょね。


でも、『千葉まで来たんだから何か海産物が買いたいしー』 と行く気マンマン。



まったく…。 (ノ_-;)ハア…





私っていい娘。
仕方ないので行ってあげましたょ、海ほたる。
でも、川崎側から乗って海ほたるでUターンと言ぅ、アホみたいなことしましたけど。




画像画像















ハイ。このうしろ姿の小猿は甥っ子デ~ス。
なぜか足湯(無料)があったので、入っちゃいましたょ。
母はジーパンの下にパンスト穿いてるから入れないってちょっとそぅでした(足湯だから脱衣所はないのょね)。



でも、別に海ほたるってちょっとスケール感が他とは違ぅけど、ただのPAなんだょね。
Uターンと言えど行くだけでアクアラインの通行料金はかかるしさ。
まぁ、母は念願かなって干物も買えたしよかっただろぅけど。






今回のおみやげ~。


画像





彼には26周年のクッキーとピーナッツをあげるつもりデス。
ディズニーのお菓子って缶がかわいいのですょー。プーさんの缶は捨てられません。Σ(ノ∀`*)ペチッ






さて、2日間終わりまして。
私、彼とのデートがほとんど泊まりだから、1泊の旅行なんて慣れてると思ってたのですけど…。
今回はとにかく、とにかく、疲れたの一言でございます。


やっぱり、頼りない二人を連れてるので何から何まで世話しないといけなかったし。
2日間運の転もあったしね。
首都高の車線変更とか分岐とか苦手なんだもん。







もぅグッタリ。













"自分で自分を褒めたい。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント