猛暑・酷暑・エライっしょ。

7月18日。
京都へ向かう新幹線の中は冷房が効きすぎて寒いくらいでしたが。
一歩京都駅のホームへ降りたとたん、モワ~ッとした熱気。
関東の夏も暑いけど、これが盆地の熱風といぅやつでしょぅか。



ホームまで迎えに来てくれてた彼にキャリーバッグを持たせて、2週間ぶりデートへ出発。
月1ペースの私たちにとって、中2週間でデートって珍しいのですょ。
なので、『この前会ったよね。』 てな感じw



まずは腹ごしらぇから。
彼が見つけてきた小さなフレンチのお店に行ったのですが、運悪く貸切のような状況で
1時間半ほど待たないと無理らしぃ。
そんなに待ってられないのでそこはあきらめ、【田毎】といぅお店でお蕎麦を食べることに。


画像



彼はにしん蕎麦とご飯のセット。私は冷たいエビ天蕎麦と明太とろろご飯のセット。
彼はフレンチに未練があったよぅだけど、蒸し暑さはかなりのものだし、さっぱり食べられるお蕎麦のほぅが
私は逆に良かったかも。
関西でお蕎麦屋さんに入ると決まってにしん蕎麦を食べる彼。
関東にはにしん蕎麦をやってるところのほぅが珍しいと思うけど、関西人にとってはポピュラーなんですねぇ、きっと。



腹ごしらぇが終わったら、お次は別腹ごしらぇ+.(´・∀・)ノ゚+.ダー☆



画像



念願の【京はやしや】の甘味でございますぅ。
“抹茶パフェ発祥のお店”とテレビで紹介されてたので、抹茶パフェにしようと思ったのだけど、
あの男も 『俺、抹茶パフェがいぃ』 と駄々をこねるので、私は特製あんみつに。


鴨川を臨むビルの5階(かな)なので、窓際の席がオススメですょ~。


お値段も結構だけど、量も結構あるので私の別腹もパンパンですゎ~。
マンゾク、マンゾク




京都市内を後にして宇治に向かいます。
【黄檗山萬福寺】(オウバクサンマンプクジ)


画像画像














禅宗のひとつ、黄檗宗の大本山の寺院だそぅですが、黄檗宗といぅ宗派を初めて知りました。
中国の明朝様式で建てられた伽藍が創建当初のまま現在も残っているのは、日本には他に例がないそぅですょ。


何度か京都に行って思ぅことですが、
観光地としてそれほど有名でなくても、京都には格式の高い寺院がたくさんあるんですょね。
萬福寺も、参拝客は4~5組しかいなかったけれど、広くて静かで素敵なお寺でした。


日傘と扇子なしでは歩けない暑さにはまいりましたけど。





宇治を後にし、信楽を抜け三重に向かいました。



信楽といえば信楽焼。よく、食堂なんかに置いてある狸の置物ですょー。
まぁ、買わないけどさ。


窯元直営のお店が通り沿いにいくつもあるので、お茶碗でも買おぅかな~と3店舗ほど覗いたのですが
気に入ったものにはめぐり合えず。
狸の置物がズラーーーーッと並んでる様を写真に撮ってくればよかったなぁ。




この日の夕食。


画像画像














伊勢いもがウリのお店で、伊勢うどんと漬けマグロ丼セット(伊勢いもとろろ付)をいただきました。
彼は、翌日が土用の丑の日とあってうな丼を選択。ちなみに私はうなぎNG
右は伊勢いものすり身を揚げた右もの。
伊勢いもを使った豆腐や、小鉢料理もついてて美味しかったですょー。
伊勢うどんは太くて柔らかいうどんに少量の出汁つゆを絡ませて食べるのが特徴。
コシのあるうどんに慣れた関東人には不思議な感覚です。





夜は12時まで「踊る大捜査線」を観てしまぃ、彼の怪しいメールチェックをするの忘れてた。
そぅいえば、この前は無防備に置かれてた携帯だけど、今回まったく手に取るところを見なかった気がする…。
今日にでもそこのところを追求してやろぅか。
それともしばらく泳がせて、忘れた頃に襲撃するほぅがいいかもしれないな。 (人`∀´)ニヒ





さてさて、翌日は伊勢神宮です。
一般的に「伊勢神宮」と言うけれど、ただ【神宮】といぅのが正式名称らしいですな。
外宮と内宮に分かれており、まず外宮に参拝してから内宮に向かぅのが順路らしぃです。




画像




こちらは豊受大御神(トヨウケオオミカミ)を祀った【外宮】。
観光客はこちらを参拝したら内宮に向かってしまう人が多いらしいけど、
別宮(多賀宮・土宮・風宮)の3社も参拝しておくべきだそぅです。
私たちも別宮をまわってから内宮に向かいましたょ。



外宮と内宮は距離が離れているので車で移動です。



画像





天照大神(アマテラスオオミカミ)を祀った【内宮】。
こちらも別宮(荒祭宮・風日祈宮)があるので、そちらも参拝。


伊勢信仰といぅ言葉もあるとおり、参拝客はとっても多いです。
特に内宮の参道には、言わずと知れた【赤福本店】やら
おかげ横丁などにおみやげ物を扱う店舗が軒を連ねているので、観光客もハンパじゃないっす。



いや、しかし。
なにに驚いたかって。


暑さですょ、暑さ。



駐車場から参道を歩くだけで吹き出る、というか、流れ出る汗。
日傘を差して扇子であおぎながら歩いてたけど、ガマンできる限界を超えております。




『参拝してから赤福氷を食べよぅ』 って言ってたのだけど、10分ほど歩いただけでバテバテで
参拝前に休憩してしまいました。



画像




氷の中に赤福が入ってるんですょー。
冷たいお茶のサービスもあり、一旦汗は引きましたが、参拝して戻ってくる頃には結局全身汗びっしょり。



でも、どんなにぐったりしていても、全身汗まみれでも、「松坂牛串焼」ののぼりを素通りできますか?

私にはできませんょ。 Σ(ノ∀`*)ペチッ



画像




1本¥500は少々お高いけど松坂牛だし、この猛暑の中、炭火で焼いてるお兄さんの大変さを思えば
妥当なお値段でしょぅ。





近くにいた人がしきりに 『夏はエライ、夏はエライ』 と言っていたけれど、
関西では、エライ=大変といぅ意味で使うのですょね。
ほんと、手をつないで歩くのも鬱陶しい暑さで、デート気分も台無しでしたからね。
彼も汗びっしょりだったけど、私の消耗具合にはなかば呆れておりました。
でも、頑張って歩いたし~。
猛暑はエライ、それを耐えた私も偉いっしょ?、って感じかな。 ♪~( ̄ε ̄;)





デート終わりにもぅひとつ。



駅に送ってもらぅ途中、もの凄い豪雨になりまして。
たまたま私が運転してたんだけど、怖くて運転できないほど。


路肩に停めて小降りになるまで様子をみることにしたんだけど、運悪く、そぅ、まさにウン悪く、
ウン●したくなっちゃったのですょーーーー


ウン●だけなら波が去れば引っ込むってこともあり得るけど、
その前に、なんとなく気持ち悪くて炭酸ですっきりさせよぅと思ったので、コーラをガブ飲みしたんですね。
(乗り物酔いのときなどは炭酸飲んでゲップを出すといいってツアコンの人に教えてもらったのですょ)


なので、大小両方の襲撃に襲われたんですゎ。



でも、車からは降りられない。
でも、私のお腹は風雲急を告げるといぅ状況。


もぅガマンできないーーーーーーってなったとき、彼が機転をきかせて
屋内駐車場がある大型電気店に入り、そこのトイレにかけ込み、なんとか事なきを得ました。(*´Д`*)=3



ウン●もオナラも解禁しててよかったですゎ。 (ノ∀`*)テヘヘ♪




                                




"猛暑・酷暑・エライっしょ。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント