読書の時間。

新幹線での移動時間が片道2時間半ほどあるので、よく本を読んでおります。
この前の往復の間に≪庭師≫という小説を読みました。




TVで紹介しててコメンテーターが絶賛してたので買ったんだけど、読み忘れてたんですょね。Σ(ノ∀`*)ペチッ





あ、『これから読もぅ!』という方は、以下↓読み飛ばしてください(結末は書いてありませんが)。





30代独身女性が主人公。(←身につまされるw
恋人と別れ、仕事もうまくいかず、思い切って買ったマンションの中で次々とおこる残忍な事件…。



その事件の数々が、庭師と名乗る何者かによって、ネット上に逐一アップされていく。
まるで盗聴や盗撮がされているかのように、細かい会話の中身まで全て。



読み進むにつれ、『誰が犯人 庭師って誰 目的は何』 と、ハラハラドキドキします。



行きの新幹線の中では読み終わらなかったので
早く犯人を知りたくて、帰りの新幹線の中で疲れてても居眠りもせず、最後まで一気に読んじゃったのですが。




結末は、見事に期待を裏切ってくれましたょ。
悪い意味で。



なぜ、ここまで人が狂うのか、それをあざ笑ぅ庭師の目的は何か、最後で解明されると思ったのだけど、
これが犯人というか黒幕だったら何でもありじゃんみたいな。



正直、ガッカリな1冊です。
途中が面白かっただけに、この結末はないだろ?と思いましたゎ。





まぁ、こぅいう系統の話が好きな人にはうけるのかもしれませんが…。






*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*





ちょっと前に話題になった「石田純一東尾理子」カップル。



年の差があってもいいと思うけど、22歳でしたっけ? ちょっとスゴイょね。
何がスゴイって石田純一ですょ。
たまに、自分の年を考えず、若い子じゃないと気がすまないオッサンっていますけど、まさにそれ。
でも、さすがの石田純一も20代には相手にされなくなったか。


石田純一と東尾修って4歳しか違わないらしいですねぇ。
親の介護が終わったら旦那の介護が始まりそぅ…。 



それにしても、前の彼女が“理恵”で今度が“理子”
うっかり呼び間違えちゃうことってないのかしら。(大きなお世話w)





*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*・д・*







月曜日、暇人友達に、『今週ランチでもしない?』 とメール。
関西のお土産を渡すためなんだけど、仕事の合間のランチだったらさっさと帰ってこれるし、お手軽だしね。


でも、『土曜日しか空いてないんだょね~』 との返信。


無職独身なのに…。
平日が1日も空いてないってありえます?


でも、私から誘った手前イヤだとも言えないし、とりあえず明日の土曜日にしたんだけど、
まだ、どこに行くかとかは決めてません。
たぶん今晩あると思うけど。



『休みの日にランチだけじゃもったいないからどこか行こうょ』って魂胆な気がするのですょねぇ…。









"読書の時間。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント