10月22日。

11月22日ならイイフーフの日。
10月22日と言ぇば、トーフ2丁食べる日?



それは定かではございませんが、本日10月22日は彼と私の4周年記念日なのでございますょ。




いやぁ、よくもまぁ4年も続いてるもんだ。 …§ ≍≍‿≍≍) トオイメ・・・




関東⇔関西の遠距離で3年9ヶ月。
彼が東京に転勤になって遠距離じゃなくなってから約3ヶ月。



ペースがガラッと変わって、色々と見えてくるものが今までと違ってきたこともあり、
思ぅところもたくさんある今の関係ですが、なんだかんだと4周年を迎ぇてしまったわけです。




まぁ、4周年と言ったって特に何をするでもないんですょ。
彼に、『金曜日何の日かわかる?』 って聞いたら、イチオウ正解しましたけど
答ぇが出るまでに十数秒の間がありましたし。ʅ(‾◡◝)ʃ
何がしかのサプライスを期待できるタイプでもないですしね。



ココで、花束のひとつでも持って颯爽と現れるよぅなら見直しちゃぅんだけどなぁ。




とりあえず、明日の土曜日は会ぅのですが、特にデートらしぃデートをする予定はなぃんですょ。
まぁケーキは食っとくか。











*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*









今週、とぅとぅ兄は1日も出勤しておりません。
父が閉鎖宣言してから、出勤する日が減ってはいたのは確かですが、週2~3日は出てきてたんですけどね。




理由は、きっと17日の日曜日。




兄は【宅地建物取引主任者資格試験】を受けたんですょ。




兄は今までに2回、ウチの会社を(役に立たないので)辞めて、
一度は事務関係の仕事、一度は肉体労働系の仕事と、他のところに勤めたんですけど
そのどちらも続かず出戻ってたんですね。



結局、他の会社に就職するにしても、まったくのド素人分野の仕事より、
ある程度は知識のある不動産関係の仕事じゃないとダメだと思ったよぅで、
不動産関係には不可欠の資格である、宅建主任者を取ることにしたよぅなんですけど…。




たぶん、落ちたんだろぅなぁ、と予想しております。
試験は年に一度しかなぃので、来年の就職は難しぃと悲観してるんじゃないかなぁ、と。



正式な合否は12月なんですけど、回答は即日に出るので自己採点でほぼ合否がわかるんですょ。
私もそぅでしたから。




私のときは合格率14%台でしたけど、ここ数年は17%台くらぃにはなってる年が多ぃよぅです。
この合格率からもわかるとおり、意外とこの試験、難しかったりするんですょ。
試験は4択方式なのでまぐれ当たりを期待するんですけど、勉強していないとまず受かりません。
実は兄も私が受けた年の近辺で3回ほど受験してるんですけど、ことごとく落ちてるんです。




当時の若ぃ脳ミソでも落ちたのに、今さら受かるんかぃっていぅ話なんですけどね。(○´-∀-) ハァ






まぁ兄に確かめたわけじゃないので、合否のところの実際は不明だけど、
『まわりの全てが気になって外に出られなぃ。』と言ぃ出しているようなので、
会社の閉鎖⇒宅建不合格⇒将来の生活の不安による強迫神経症再発の恐れだと思われます。



心療内科に勤める友人が、
『こぅいう病気は症状が良くなったとしても完治することはなぃ。』って言ってたけど、まさにそのとおりなのかも。





でもね、兄曰く
『お父さんのせいで俺の人生は狂った』って考えてるんですょ。
兄は父が怖いのでもちろん父には直接言ぇないんだけど、父が閉鎖宣言したあとに私に言ったんです。


父の会社に入ってなければ、サラリーマンでそこそこの地位にいけてたはずだ。
現に同期で就職した友人は管理職になってる。
近所の幼なじみで、自分より勉強ができなかった人でさえ、それなりの立場に居る。




って、コレを聞いたとき、私は尚更兄の考ぇ方にウンザリ、といぅか呆れちゃったんですけどね。



結局、会社を継ぐと決めたのは兄自身なわけですょ。
入った当時は自信満々で鼻につくくらぃの態度だったんです。
父親のスネにしがみついてるんじゃなく、自分が会社を何とかしなきゃいけない立場なのに、
そんな甘ぇたこと言ってる場合じゃないでしょ?



だったら、父が閉鎖するっていったって自分が会社をやっていくって腹をくくればいいだけなのに。
親がいなければ仕事ができないボクちゃんですって宣言してるよぅなものですょ。
親はいつまでも生きてるわけじゃないんだから、遅かれ早かれ父が引退する日は来るんだから。





“心の病”であることに同情の余地はあります。
でも、冷たいよぅだけど、根本的な兄の考ぇ方には同情の余地をまったく感じないのですょ。










"10月22日。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント