ワキゲフェロモン説。

昨日の夜、ベッドに入って暫くすると鼻が詰まってきたんですょ。
そぅです。来なくていいのに、今年もきっちりやってまいりました。
花粉シーズンスタートの合図でございます。



早速、かかりつけの耳鼻科に行き、アレルギーの薬を処方してもらってきました。
そのとき医師から 『後発剤が出たけどそれにしてみると言われたんですょ。



後発剤といえば、黒柳徹子のCMでおなじみのジェネリック医薬品。
成分等はほぼ変わらず、安価で購入できるといぅ有難ぃお薬ですょね。



(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン と二つ返事で飛びついたのですが、
よくよく聞いたら、人によっては効き目が悪く感じる人もいると仰る。(。-`ω-)ンー



悩んだ末、ジェネリックではなく去年までと同じお薬を処方してもらぃました。
安ぃのはとっても魅力だけど、辛ぃアレルギーの症状が抑えられないのでは元も子もないですしね。




といぅわけで、診察と薬で¥4100










話は変わりまして。





2月2日は甥っ子(猿・小5)の誕生日だったのですょ。




母は甥っ子ふたりの誕生日の朝は、いつも朝食に間に合ぅよぅにと、早起きしてお赤飯を炊きます。
誕生日プレゼントは、最近サッカーチームに入った猿の希望で、
父と母と私の3人で、小さいものですが庭に置くタイプのサッカーゴールを買ぃました。




私の負担は5千円。
皆さま、小学生のプレゼントの金額として価値観は様々でしょぅが、私にしたらフンパツの金額なんですょ。






それなのに。




ケーキのお裾分けはありませんでした。






ま、いつものことなんですけど。











☆。+¨+。☆。+¨+。☆。+¨+。☆。+¨+。☆。+¨+。☆。+¨+。☆。+¨+。☆。+¨+。☆。+¨+。☆。+¨+。☆。+¨+。☆。










私、明石家さんま司会の【ホンマでっかTV】をよく見るんですょ。
様々な分野の専門家といぅ方たちが、思わずと声に出ちゃぅような知識を披露してて、
なかなか興味深ぃんです。




ちょっと前になりますが、医師であり医療評論家のおおたわ史絵といぅ人が
≪ワキゲを処理してるとモテなくなる。 なぜならワキゲはフェロモンを振りまく役目をしてるから。≫と力説してたんですょ。




ホゥ━━━( ゚д゚)д゚)д゚)д゚)━━━ホゥ
それならいっちょ伸ばしておくか と、わたくしがワキゲを伸ばしていたかどぅかは置いといて。
                                              ♥キャッ(ノ・∀ヽ*))((*ノ∀・ヽ)キャッ♥





昨夜、たまたま見てた別のテレビで、≪ワキゲは必要か否か。≫ってのをやっておりまして。




そのとき説明してた医師の話によると、確かに脇からフェロモンが出ていることは間違ぃなく、
ワキゲにはそのフェロモンを濃縮させて撒き散らすといぅ役目があるのだそぅですょ。 フムフム(*゚Д゚)φ))ナルホド!!






ただ…。






人間はフィーリングや見た目などで相手を選ぶ判断をするよぅになり、
とっくの昔に異性のフェロモンを嗅ぎ分ける機能(鼻の中にあった)は退化しちゃってるそぅなのです。
(動物にはその機能があるそぅです。わかりやすいのが、馬が上唇をまくり上げて笑ってるみたいな表情のとき)
なのでワキゲ伸ばしてフェロモン撒き散らしてみても、文字通り毛ほどの効果もなぃ。(゚∀。)アヒャ








てなわけで、人間にワキゲはいらなぃ、といぅ結論でございました。

















"ワキゲフェロモン説。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント